オリジナルパーツ ラジエター

サーモグラフィー 極ラジエター検証♬

今日はめずらしくオリジナル商品の検証です~

 

すでに数多くの台数を装着してもらって

好評をいただいているサイドタンク式極ラジエターですが

改めてサーモグラフィックにしてみました♪

 

テスト車両はスバル車の中でも特に水温がきついと言われている

GVB(GRB)インプレッサです!

※今回は検証しやすいようにエアコンコンデンサーも外しております。

 

実際の走行風を当てれないので

アイドリング時の電動ファンが回った時の状態です

今回は表からは扇風機の風も当ててないので

電動ファンのみですがそれだけでもコアの冷却性能と

ターンフローのレイアウトでいい感じに冷えてますね~♬

 

サイドタンク式のターンフロー構造のアルミラジエターは

スバル車用ではこの極ラジエターしかないのですが

純正レイアウトのダウンフローと違って

ラジエターコアの全面を使っている様子がわかります。

 

43°と表示しているのはセンターを照射しているため

コアサポート結ぶボンネットキャッチのところの鉄の部分の表面温度です

右の温度ゲージも31°~73°になってますが

表面温度であるのとラジエターのアルミの反射の兼ね合いで

そんな温度表示になってます(^^;)

 

↓アッパーホースとロアホースもゴムの表面温度を拾ってますので

実際は両方とももう少し高いと思います

アッパーホース側に近いところで拾っている

純正の水温センサーの温度は約90°です。

あくまで参考レベルですが差はでてますね♪

 

今度は水温センサーをラジエターのアウト側にも装着して

ラジエターに入る前と後の水温比較をしてみたいですね~

 

-オリジナルパーツ, ラジエター

Copyright© 近藤エンジニアリング公式サイト , 2020 All Rights Reserved.