【極】近藤エンジニアリング製作のワンオフエキマニ

排気量やエンジン特性に合わせたパイプ径を選択。極力曲がりの少ない等長レイアウト。

(車種:SVX)

治具製作を行い溶接時のフランジのゆがみを最小限に抑える。

ステンレス製フランジはレーザーカットにて製作。

(車種:SVX)

機能性と外観にもこだわりながら最適なレイアウト。

(車種:SVX)

仮合わせを幾度と繰り返し各部とのクリアランスの確認。

排気効率、メンテナンス性、最低地上高を意識し最適なレイアウトにて製作。

(車種:SVX)

集合部の排気干渉を極力なくしてスムーズな流れをつくる。

(車種:SVX)

純正エキマニとの比較。純正は鋳物で重く、排気効率が悪い。

(車種:SVX)

Copyright© 車のメンテナンスのことなら近藤エンジニアリング , 2020 All Rights Reserved.