【極】 インタークーラー加工取付


本来MR2のインタークーラーは
エンジンルーム内に設置されていますが
この場所では熱気を吸ってしまい冷却効果が薄く
またトランク内設置だとウィングの影響をうけ
空気の吸入効率が悪いため
トランク下にインタークーラーを設置。

(車種:MR-2)

冷却効果を上げるため仕切り導風板を取付し
効率よく空気取り込む。

配管の長さは極力最小限にて製作。

ECUセッティング次第で
ほとんどレスポンスを損なうことはありません。

(車種:MR-2)

コアのみARC製を使用し
サイドタンクは吸入効率を考えた
レイアウトにするためパイピングの出入口を変更。

インタークーラーを固定する場所の強度がないため
ステーと固定用ボスを製作。

(車種:MR-2)

GC8インプレッサには前置きインタークーラーの
設定がないため
GDB用のHKS製前置きインタークーラーを加工取付。

(車種:インプレッサGC8)

パイプに返しがない場合
ブーストがかかるとすぐに抜けてしまうため
ホース接続部にはUビートフォームでパイプに
返しをつけホースの抜け防止対策。


既製品のない車種も対応。

パイプ径やレイアウトも車種にあわせて
レスポンス重視またはパワー重視などにも対応。

(車種:BR9 レガシィ)