四輪アライメント&コーナーウェイト

ヘッドに着手!

CIMG4152.JPG
CIMG4160.JPG
今日はレクサスGS460 アライメントです。
アライメント測定調整後試走して最後にハンドルの
センター位置合わせといった流れです。
あとインプレッサエンジンはヘッドに突入です。
昨日来店されたスイフトスポーツの
下回り確認ですが
内容はある程度のスピード領域で異音がなるとの
ことでした。
足回りはオーリンズの車高調で
近場で同じ音を出せそうにないので
とりあえず走りに支障がある部分がないかの
チェックにとどまり
特に不具合は見つかりませんでした。
考えられる原因はスプリングの線間密着の音か
ショックのバンプラバーの音の可能性が高かったのですが
お客さんのおっしゃっていた音質が微妙だったので
確信はもてませんでした。
とゆうわけで本日いきつけのショック屋さんに
相談しに行ったところ
『おそらくこの音だろうというのが想像できる』と
即座に状況を把握していただけました。
さすがはプロ。
見てないので正確にはわからないが
スプリングのレートがやわらかすぎて
バンプラバーで受け止めきれず
スプリングが線間密着した音ではないかとのことです。
お客さんがおっしゃっていた音質も
ありえるそうです。
実際調べてもらったところ
お客様のスプリングはフロントは確か4キロと
おっしゃっていたのですが
オーリンズでのつるしのラインアップも5キロで
設定されており
更にスイフトスポーツのフロントの
耐過重を計算してもらったところ
最低5キロは必要とのことでした。
お客さんもバネレート変更は考えておられたようですが
一度5キロ以上に変えてみた方がいいのでは
といった結論となりました。
今度来られたらこの内容をお伝えしたいと思います。
あとオーリンズのDFVのこのタイプは伸び側を
もう少しいじった方がいいとか
フルタップじゃないのでテンダースプリングをいれて
プリロードをかけずに車高を調整してみるとか
いろいろアドバイスをもらえましたが
こればかりは
お客さんのご予算や好みもありますので
ま~とりあえずスプリングを交換がおすすめですね。
スプリング本来の性能を引き出せますし
なんといってもメインの音も解決するかもしれません!
単に5キロといっても
スプリングのメーカーや長さ(インチ)によっても
左右されるのでここらへんは要相談です。
このような症状が出ている方がおられましたら
是非一度同じような感じでお試しになっては
いかがでしょうか!

-四輪アライメント&コーナーウェイト

Copyright© 近藤エンジニアリング公式サイト , 2020 All Rights Reserved.