2019年06月18日

EXEDY製 カーボントリプルクラッチ!

 

またまたトラブルシューティングですm(__)m

 

昨日不動車になってしまっていたGVBインプレッサを

積車にて引き取りにいってきました

 

とりあえず全くギアが入らない状態の車両なので

積車から降ろしても動かすのに難儀するため

急遽予定を変更して先にリフトにのせて

ミッションおろしてのクラッチの状態確認いたしました!

 

EXEDYのカーボントリプルが装着されていたのですが

まずEXEDY特有のピボットリングが裏表逆に装着されていたり

そもそもの組み方が間違っております(^^;)

 

近藤さんがわかりやすくオレンジで印を書いてますが

中でリングが動いてしまっており

最終的にはレリーズベアリングがクラッチカバーから

外れてしてしまってます、、、

そうなるとクラッチが切れなくなりギアもはいりません、、、

そしてプレッシャープレートが鬼ぞりしてます、、、

これは今回でなったのではなく以前からそっていた感じです

 

あとタービンが後方へオフセットして取り付けられているため

フロントパイプの取付位置があっておりません、、、

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Calendar

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

名前:近藤 秀一
職業:チューナー
JUNオートメカニックに
十数年在籍し
ピット長を歴任しながら
時速421.536キロ世界記録ホルダー
ボンネビルZ32を筆頭に
数多くのデモカー車両製作に携わる
その間に培った技術と経験を生かし
近藤エンジニアリングにて
エンジンチューニングから一般整備
まで幅広く対応。
通称工場長。
男気あふれる夏男。
北海道育ちなのに
なぜか寒さに弱い…。

EJ20エンジンを数多く組上げ、
EJ20の泣き所の耐久性を考えて
独自のノウハウでチューニング。
エンジンはRB26~L型エンジンまで
幅広くこなす。

過去ログ

検索ボックス

『走行会-春の陣』

第26回近藤エンジニアリング走行会

日時:2019年4月18日(木曜日)
場所:岡山国際サーキット
内容:30分×3本

<暫定予定タイスケ>

・ 8:30~ 受付
・ 9:30~ ドラミ

10:25~10:55        1本目 フリー走行12:25~12:55
2本目 フリー走行15:05~15:35
3本目 模擬レース

走行会参加予定車種

GDB-W BP5-A NA8C EK9
GDB-E BL5-B 180SX EK9
GDB-E BL5-A BB4 EK9
GDA-G BR9-A GC8-C S13
GGA-G FD3S GC8-F EF9
GDB-E GVB-C GC8-F EG6
GRB-C GVB-C GC8-G EG6
GRB-A FT86 GC8-G DC5
VAB FT86 HCR32 CLA45
GDA-F BRZ RX-8 E36

4月9日現在

<待機車両>

CZ4A BP5-A BRZ BB4
CT9A BL5-D BRZ GDA-E
NB8C 180SX FD3S ZZW30
BP5-A EG6 AP1 GDB-F
GC8-F BB4 Z34 DC5
FT86 GGA-F AGH30W CZ4A
GB122 AE70 AE101 VAB